お電話でのお問い合わせ・ご予約
  03-3395-0880

臥龍梅【静岡】¥864

「臥龍」ということばは古く、その出典は中国の長編歴史小説「三国志演義」であります。
「臥龍」は、寝ている龍、または雲雨を得ないために天にのぼれず地にひそみ隠れている龍のことで、まだ志をのばす機会を得ないで民間に身をひそみ隠れている英雄「諸葛孔明」のたとえであります。
一方、徳川家康は、幼少の一時期、今川家の人質として当社の近隣の清見寺という禅寺に身をひそみ隠れておりました。そして、その寺の庭の一隅に一枝の梅の木を接木したと伝えられています。
「諸葛孔明」の故事どおり、家康はその後龍が天にのぼるがごとく天下人になります。家康の植えた梅は300年の月日を経て、大木に成長し、今も毎年の春には花を咲かせております。そして、龍が臥したような見事な枝振りもあいまってか、この梅はいつからか「臥龍梅」と呼ばれるようになりました。

三和酒造では「臥龍」の故事にならい、やがては天下の美酒と歌われることを願って、「臥龍梅」と命名いたしました。スッキリとしたシャープな味わいが魅力の静岡県の地酒・臥龍梅には、ファンも多く和食との相性も抜群です。

醸造元:三和酒造株式会社URL
http://www.garyubai.com/

2018年2月21日

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。